「シューズ」と「足」と「インソール」のスペシャリストを養成する。

2014年度 JAFTスポーツシューフィッター研修会

ランナークライアントの為の下肢の怪我へのアプローチ
-その痛みは必ず動きに原因がある-

日時

9月 6日(土)
18:00〜21:00

会場

中野サンプラザ
http://www.sunplaza.jp/access/

講演内容

近年、爆発的に増加しているランナー人口。ビギナーからコアなランニング愛好者。何らかの痛みや体の不具合を訴えています。駆け込んできた際の初期対応から事例紹介をしていきます。ランナーが抱えるスポーツ障害の原因は、繰り返される動きの中に課題があります。今回は障害発生のメカニズムを考えながらそれを改善するアプローチを解説していきます。動きの見方や障害アプローチの考え方などこれまで多くのアスリートを診てきた経験を交えてご紹介致します。

講師のご紹介

曽我 武史
曽我 武史
1971年生まれ。東京都出身
1991年~2003年レナウンローンバーズ(アメリカンフットボールチーム)ヘッドトレーナー
1997年~日本陸上競技連盟 強化合宿に帯同
1998年~陸上競技 日本代表選手団トレーナー (オリンピック、世界陸上などに帯同)
2004年アテネオリンピック、2008年北京オリンピック
2001年~2006年 ミズノ株式会社 専属トレーナーとして末續慎吾をはじめとする様々なアスリートをコンディショニングの分野からサポート。
2007年~2012年為末大の専属トレーナー
2007年からは独立しTKC BODY DESIGNを立ち上げ一般の方からスポーツ愛好家プロアスリートなどのコンディショニングサポートを行っている。
からだが自然と力を発揮できるように動きの改善を意識した治療と症状の発生メカニズムを徹底的に見つけだし、改善策を提案している。症状発生の原因には必ず動きが伴う。この改善にはアスリートから得た経験を一般の方々に応用している。
http://tkc-bodydesign.com/cn25/prof.soga.html

受講料

有資格者 5,400円(有資格者以外 7,700 円)※税込

お申し込みはこちら